スマホ老眼にならないための予防

スマホ老眼は、目の焦点が合いづらいや目の疲れ、肩こり、頭痛などの症状が起こりますが、ストレートネックになりやすい姿勢でもあるため、筋肉が凝り固まり、手のしびれやめまい、吐き気なども催すことがあります。
一時的な症状のため、生活習慣を改めることで改善できます。重症化すると入院せざる得ない人も出てくるため、予防も必要です。まず、長時間使わないことが一番大切です。スマホは、いろいろなことができるようになっているため、スマホ依存症になりつつある人も少なくありません。スマホだけでなく、パソコンのディスプレイなどを長時間見続ける場合もあり、短時間ではすまないこともあります。ここでのポイントは、長時間連続して使わないということです。1時間程度使用したら10分程度目を休ませるようにするなど小刻みに休憩を挟むだけでも目の負荷を減らすことができます。目の水晶体は、近くを見るときには分厚くなります。スマホを長時間見続けることで、目の水晶体が分厚くなった状態になっているため、遠くを見て水晶体を薄くします。また、集中するとまばたきが減ってしまうため、意識してまばたきを行い目を動かすようにすることも予防として有効な方法です。
意識するのは、まばたきだけでなく目とスマホの距離も意識します。近くでスマホを凝視してしまうことがスマホ老眼を引き起こす原因の一つです。そのため、画面から40cm以上離してみるだけでも目の負荷を減らすことになります。
スマホ老眼対策ナビ|おすすめのスマホ老眼対策決定版!はこちら

大阪を代表する消費者金融「クレジットのニチデン」
キャッシングレイクの30代女性の口コミ